関空でwifiレンタルを利用していく方法を確認する

事前に予約をして関空で受け取り!wifiレンタルをお得に利用する

関空でwifiレンタルを利用していく方法を確認する

スマホ

事前に予約申し込みをする

海外旅行の際はwifiルーターが必須となりますが、用意するためにはレンタルを利用するのが1番です。Wifiルーターをレンタルしたい場合は、まず予約申し込みをしましょう。レンタル業者のホームページに申し込みフォームがあるので、そこから必要情報を入力して前もって利用の予約をしておくことです。

空港で受け取り

事前に予約申し込みをすると、出発当日に関空などでwifiルーターを受け取ることが出来ますよ。空港受け取りは荷物にもならず、忘れ物をしてしまう心配もないのでおすすめとなっています。なお、受け取りに5~10分ほどかかりますが、混雑状況によってはもっと時間がかかることもあります。そのため、早めに受け取りをした方が良いでしょう。

空港で返却

嬉しいことにwifiルーターは空港返却もすることが出来ます。帰国したらすぐに空港内で指定された場所に返却をしていくと便利でしょう。空港返却を選択することによって返却忘れなどを防げますよ。便利なwifiレンタルサービスはこのように空港を活用していきましょう。

wifiレンタルで注意したい5つのポイント

現地に到着してから使うこと

wifiルーターを受け取ったらどんなものかすぐに確認してみたくなりますが、日本にいる間は電源を入れないことがポイントです。必ず現地に着いてから電源を入れるようにしましょう。もし、日本で海外向けのwifiルーターを使用してしまうと通信費が発生してしまう恐れがあります。

使っていないときは電源オフにする

ずっとwifiルーターの電源をオンにしたままでいるとすぐにバッテリーが無くなってしまうので、使っていないときは電源を切っておくようにしましょう。使用したいときに電源が無いと大変なので、バッテリーの状況なども把握する必要がありますよ。

動画などはなるべく視聴しない

wifiルーターをレンタルしたからといって海外でスマホを使いすぎないようにしましょう。特に動画視聴はすぐにwifiルーターの通信が制限されてしまう可能性があるので気を付けることです。地図や翻訳アプリを使用するなどはあまり問題はありませんが、使い方には要注意です。

置き忘れなどに気をつけよう

よく現地のホテルなどでwifiルーターを忘れてしまったという方がいます。Wifiルーター自体小さい機器で目立たない色をしているので、忘れないように注意していきましょう。また、部屋を出る際はwifiルーターを忘れていないかチェックすることです。

保障のオプションには入っておこう

多少のお金は発生してしまいますが、wifiレンタルを利用する際は補償がついているオプションに入ることがおすすめです。このオプションに加入していることによって盗難や紛失、故障などのトラブルが発生しても補償してくれます。万が一のことを考えて入っておくと便利でしょう。

wifiルーターを利用していくにあたって…

海外に必須となるwifiルーターをレンタルしたい場合は、やはり前もって色々と情報を集めていくことが大事でしょう。上記に掲載されている利用方法や注意するポイントなどを予め把握していることによって、問題なくレンタルして利用することが出来ますよ。